Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ピンズラー方式でスウェーデン語を学び始めた

きっかけはこのポスト。3日で覚えるドイツ語、そんなことが可能なのか実験してみた: 極東ブログ

この記事にある3日で出来るポールノーブル方式よりもピンズラー方式に惹かれた。勉強しようと思っていたスウェーデン語のピンズラー教材があったので、早速購入して、学習を始めた。

フランス語などメジャー言語に関しては、何コースかあるらしいが、スウェーデン語はマイナー言語で、1つしかコースがない。1コース30レッスンを一括で買ってみた。ピンズラー方式基本的にはテキストを使わずに音声のみのレッスンである。音声はmp3でダウンロードできる。ピンズラーのiphone用アプリもあるが、挙動がおかしかったので、素直にmp3を使っている。

現在、まだ5日目のレッスンだが、この方式定着率が恐ろしく高い。1回のレッスンで繰り返し同じフレーズを練習していく。レッスンの80%わかったら次のレッスンに行って良いとのルールだが、次のレッスンでも根気よく繰り返す。気が付いたら覚えていて脳の負担が少なく、継続しやすいようだ。レッスンもかなり楽しい。ただ、見知らぬ言語を音声のみで学習するのは少しハードルが高い面もある。全く未知の単語を発音だけでイメージするのが結構難しいからだ。ピンズラー的にはテキスト見ないほうが良いらしいが、個人的にはスペルと発音が一致すると覚えが早いのでたまにカンニングして行っている。


音声のみで学習できるので、大体散歩しながら行っている。1回30分のレッスンなので、散歩に調度良い。30回分のレッスンが終わった際にどれくらい実力が付いているのか楽しみ。