Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

完璧すぎるエコノミークラス搭乗術

日本から戻ってきた際の飛行機の隣の席がツアーコンダクターの人で、その振る舞いがやり過ぎなぐらい完璧だったので覚えている範囲で共有しておく。

搭乗 - 離陸

  • 通路側に座る
  • 登場したら荷物は上に収納せず足元に。このあといろいろ出てくる便利グッズを素早く出すためだと思う。
  • 離陸したらその場で化粧を落とし、コンタクト→メガネへ
  • 龍角散のど飴をなめて喉を保護
  • マスクももちろん持参。

機内サービス・食事時

  • 機内サービスの食事を食べるのがとにかく速い。
  • 食べ終わったらおもむろに歯ブラシを取り出し、トイレへ。

食べるのが速いのはみんなが食べている間はトイレの混雑が避けれるとの考えを持って行動していると推測した。

防寒

  • 薄くて荷物にならないが、暖かそうなアウトドアブランドのフリースを着用。確か、The North Faceだったと思う。

この防寒着は良さそうだったので、近いうちに買いたいと思っている。

着陸前

  • 化粧、メガネ→コンタクトへ。

とにかく隙がなく完璧だった。そういえば過去に、ひたすらワインを飲みまくるツアーコンダクターの横になったことがあったがあれはひどかった。離陸後ちゃんと仕事ができるのか怪しいレベルだった。