Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「タレント」の時代を読んだ

「タレント」と言っても芸能タレントではなく、プロダクトマネージャ、トヨタの主査に関して書かれた本。副題には「世界で勝ち続ける企業の人材戦略論」と付いている。

自分は元々は普通のエンジニアだったのだが、今は海外出向していてプロジェクトマネージャのような仕事を通じて現地の小さな会社の成長のための製品開発をしている。近頃、プロダクトマネージャが取り上げられるようになって、いろいろと調べているうちに自分はプロダクトマネージャの方向にキャリアが進んでいるのではないかと仮説を立てて読んでみた。この本は、利益を生む設計情報を作れるのは「タレント」=主査・プロダクトマネージャのような人なのです。ということが書いてあった。

PM, 主査に関してはもっと詳しい本があるかと思うので、他の本に当たる必要が良いと思う。