Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

パリでメシを食う

海外で生活し始めてそろそろ三年経つ頃で、なんとなく同じように海外に住む人の生活?思想?を知りたいなぁと思って買った。作者の方も全く知らなくて、適当に入れた検索ワードで引っかかったものから選んだのだが、当たりだった。パリで自分で生計を立てている人たちをインタビューして、作者の方が文章にしている。各自ユニークな職業で人力で生計を立てている人達の話が並び、読んでいるだけで力が湧いてくる。一度読み始めたらハマって、最後まで一気に読んでしまった。

この本に書かれている内容ほどはないにせよ、海外に来て生活基盤を立て、自分の力で働いて生計を立てる中で一度や二度は、本当に生き延びることができるのだろうかと思うようなピンチに直面することがある。自分の周りの話を聞いていても、日本にずっといたら体験できないような体験をしている人は多い。困難を乗り越えて来ていることもあり、みんな逞しい。

自分ももう一息のところまで来ている。何とかスタートラインに立てるよう踏ん張りたい。

パリでメシを食う。 (幻冬舎文庫)

パリでメシを食う。 (幻冬舎文庫)