Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

[life] ジブリの絵職人 男鹿和雄展−トトロの森を描いた人。に行ってきた

兵庫県立美術館でやってるってことで行ってきた。
ほんとは土曜日に行こうと思ってたのだが、googleで検索すると90分待ったとの情報が…。混んでるのかなぁと相方に相談したところ、twitterで調べてみたら?twitterってリアルタイムでわかるんやろ?との案。twitterやってないのによくご存知ってことで男鹿和雄展で調べると90分待ちとの情報が。そんなに待てないのでその日はあきらめ日曜日の朝一を狙って行きました。朝なら空いてるとの情報もtwitter経由です。twitter便利。朝一作戦は功を奏して5分程度の待ち時間で入れた。しかし、それでも人が多い。ものすごく丁寧に細かく書かれた背景画に一枚一枚感動していた。最初は。
しかし、この展示会600枚も絵が飾ってあるのだ。あまりにも枚数が多すぎて自分の感動のキャパをオーバーしてしまい、いいなぁ、綺麗だ、すごいなぁと思う気持ちから、自分は何やってんだろ?みたいな感じに陥る。感動のキャパオーバー。

この展示会明日、あさってで終了なので、行ってない人は是非行ってみるといいと思う。待ちたくないなら朝一9:30を狙っていくとよいよ。